• 03カルビ

    • 焼肉の中でカルビをとりあえず注文するという方も多いのではないでしょうか。
      確かに、カルビはほとんどの焼肉店でのメインメニューになっていて、
      一番に注文することができますし、値段もお手軽なものになっているでしょう。

      ところで、カルビとはどのような肉のことなのでしょうか。
      焼肉におけるカルビとは、牛のお腹周りにある肉のことを指している言葉です。
      もともとは、韓国語から来ている言葉で、あばら骨を指しているようです。

      カルビとは、お腹全体を指している言葉なので、さらに細かな分類もあるようです。
      その場合には、肩の部位、お腹の中心、後ろ側などに分類するようです。
      焼肉店では、細かな分類でカルビを提供していることもありますので、
      肩バラ、トモバラ、肉モモなどと書いてある場合には注意が必要でしょう。

      ところで、ここまで読み進めてくると、カルビはあまり貴重な部位には思えないでしょう。
      なぜなら、牛のお腹周りの肉すべてを指しているからでしょう。
      確かに、カルビは牛一頭から取れる量は、他の部位よりも多くなっています。

      しかし、カルビを別の面から見てみると、意外なことがわかってきています。
      例えば、日本の焼肉店において、カルビは普通の肉の状態で見ることができます。
      しかし、焼肉の本場である韓国においては、事情が違うようです。

      なぜなら、韓国のカルビは骨付きであることが多いからです。
      なぜなら、あばら骨についている牛肉は、骨のうま味ももっていますから、
      より美味しさを深く感じることができるものとなるのでしょ。

      さらに、最近の焼肉事情では、カルビも様々な種類が出てきているようです。
      特に注目すべきなのは、生カルビと言われるものでしょう。
      韓国では、以前からセンカルビという名前で食されていたものでした。
      新鮮なカルビですから、肉のうま味を十分に感じることができる肉です。

      さらに、貴重なカルビ肉と言われるものもあるのです。
      特に、ゲタカルビと言われている部位は、本当に少ない量なのです。
      一般的に、牛一頭で50グラム程度と言われています。
      一度、食べてみるのはいかがでしょうか。


    • ★MY SITES★ 脱毛 横浜

    • 04牛タン

    • 焼肉で人気のある部位として、牛タンがあるでしょう。
      宮城県仙台市は牛タン焼きで有名ですし、その味により人気が高まっています。
      あなたは、焼肉の時に、牛タンを好んで食べているでしょうか。

      実はこの牛タン、牛の舌を食べていると考えているかたが多いですが、本当でしょうか。
      もちろん、牛タンという名前が使われていますから、それは間違いではありません。
      しかし、焼肉などで食べることのできる牛タンは、舌すべてではないのです。

      特に、牛タンを売りにしているような店舗では、そのようなことが言えるでしょう。
      牛タン専門店では、牛タンの柔らかい部分だけを提供しています。
      そのため、牛タンの先や付け根などの部分を用いることが少ないようです。
      もちろん、大衆焼肉のようなお店では、原価を下げる努力が行なわれていますので、
      そのような部分の肉も使っているかもしれません。

      ですから、美味しい牛タンの焼肉を探しているというのであれば、
      牛タンのどの部分を提供しているのかということを聞いてみることができるでしょう。

      さらに、牛タンの焼肉では知っておくべき情報があるのです。
      それは、焼肉として一般的であるタン塩と、牛タン焼きは異なっているということです。

      仙台などの牛タンの有名なお店では、焼肉のタン塩のように調理をしていないということです。
      牛タン焼きとしては、仕込みとして肉を熟成させることを行なっているのです。
      それにより、牛肉のうま味成分を抽出させ、より深みのある味を作っているようです。

      しかし、タン塩のように調理している焼肉では、調理事情が異なっています。
      タン塩の調理では、肉を切ったものに塩とねぎをかけただけの調理なのです。
      ですから、味付けや仕込みの長さが異なることで、違う味わいをかもし出すのでしょう。

      もちろん、焼肉で牛タンを食べたいのであれば、どちらの調理も美味しいものでしょう。
      ですから、自分の好きな牛タンを見つけるためには、
      牛タンのどの部位か
      どのような仕込みか
      ということを知っておくことが必要ではないでしょうか。

    ページのトップへもどる

Copyright (C)2012 【がっつり焼肉!】 All rights reserved.